web漫画公開している「むら」です

ここネタ帳よ!!!!!!!!!!!

根性論は正しいの???

根性論は有意義との一説がある。

 

ひたすらきびしい根性論をぶつけることによって、相手はそれをしたたかに躱し、うまいこと生きていく術を学ぶからである・・・というのがその説の根拠だ。

 

ふむ、一理はある。
自己を高められるのは、結局己自身しかいない。だから、なに言われたって、自分自身との戦いなのである。

 

しかし、こうした根性論肯定論をみるにつけ、なにかいつもひっかかることがあるのである。

 

根性論をぶつ輩というのが、果たしてそこまで見越してやっているのか?ということだ。

 

だいたい、なにか教育したいというときには、「根性論をぶつけるのは、私はこういうネライがあるからです。」ということまで説明する必要があるのではなかろうか。
発展途上にある人間が、教育者の狙いなぞ推し量れるのかというハナシである。

 

バカ正直に根性一筋に炎天下を走り続け、命を落としたものもおる。
この世はそこまで器用な人間だらけではない。

 

根性論を肯定するには、それなりの理由があるのだろう。
しかし、それによって教育をする際には、その根性論が何故、有意義なのであるかということまで説明できる人間でないといけないのではないか。

 

早い話が、コミュニケーションくらいしろ。

 

 


ただ無責任に根性論を押し付け、その結果、成功した・・・。
だからこの教育者は素晴らしい!というのはあまりに厚顔である。

たまたま、その教え子が利口であったというだけのハナシである。

 

 

生徒達にその成功地図すら提示できなかったのに、さも自分の手柄であるかのように語る・・・。
このような教育者だけは信用がならない。