web漫画公開している「むら」です

ここネタ帳よ!!!!!!!!!!!

やおいは、「やまあり」「おちあり」「いみあり」の略称である。

実はね、人間にしか備わっていない能力というものがあるんだよ。
なんだとおもう?

 

言葉?科学?


じゃあ、それ自体をつくってきたのは、なんなのさ。

 

 

人間は、「無意味なことをする能力」に長けている。

 

 

無意味っていうのはね、「目的にできるだけ遠い行動」を指しているよ。

 

 

 


食べたい→食べる
眠たい→眠る

 

 

 


これは、目的に行動が直結している例なんだ。

 

 

 


食べたい→遠くに食べ物あるから歩く→食べる
眠たい→敵がいて眠れないから移動する→眠る

 

さて、行動と目的のあいだに、もうひとつの行動を挟んだんだ。

 

 

しかし、
「歩く」「移動する」
これ自体は目的と直結するような行動ではない。


歩くことによって口に食べ物が入るわけではないし。

 

 

 

だからね、この目的と直結する行動に挟まれた、直接の目的ではない行動を、「無意味な行動」とここではいうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん?このくらい猿でもやるって?

 

じゃあさ、食べ物を食べるために、わざわざ新幹線に乗り、わざわざ大行列に何時間も並び、足が痛くなっても立ち続ける猿はいますか?

 

 

 


目的と、それに直結する行動のなかにこのように直接目的とは無意味な行動を沢山織り込む生物は、人間以外、いない。

 

 


言葉を作るのだって、そこにはさまざまなプロセスがあった。
科学が発展するのにも、そこにはさまざまなプロセスがあった。

 


そのプロセスの構築だけではない、行動まで遂行できるのが、人間なんだよ。

 

 


実は、作者は高度な目的を遂行する能力に欠けている。


いうなれば、人間じゃない。
猫なんだ。

 

だから、猫に生まれてしまったから、猫なりに頑張るしかないのさ。

 

やおいって・・・

 


そもそも「キャラに萌える」という立派な目的が、「やおい」と呼ばれるものにはあるじゃないか。

 

その時点で、オチも意味も決まっているじゃないか。

 

萌えるオチがやおいには用意されるし、萌えるためだけに特化した意味も付与されているじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちみたちは、本当のやおいを解っていないんだよ・・・・・・。

 

この猫であるむらが、本当やおいとはなにか、教えてやろう・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:kmraaa:20150321214308j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この画像を「解ろう」と思った時点でやおらー失格。
この画像を存分に味わえるものこそが、真のやおらーなのだ。

やおいは「やまなし」「おちなし」「いみなし」の略称であるというならばね。