web漫画公開している「むら」です

ここネタ帳よ!!!!!!!!!!!

漫画「怪物」3Dリメイク~難しく考えすぎてはいけない・・・

 

エエ?肩甲骨とか鎖骨とか言ってる時点で難しく感じるって???

 

みんなよく書いてるじゃない肩の下に線をサーってかいて鎖骨ってさ。

せなかに><ってかいて肩甲骨ってさ。

 

ちょっとしたモデリングならばそのくらいのレベルだと思う。

 

まあただ今回はもうちょっと詳細な説明が入ります。

 

 

さて、画像を2こ用意します。

f:id:kmraaa:20150314151045j:plain

f:id:kmraaa:20150314151127j:plain

人体図です。

 

 

 

これを元に前エントリで作ったやつ

f:id:kmraaa:20150314175357p:plain

を変形させる。

 

 

 

そのためには、人体図をメタセコイア上に表示させなくてはならないね。

 

そこでね、クリスタのHPにのっているような方法を初めて使いうるわけですよ。

 

 

 

なんですかねあのクリスタのお顔のつくりかた・・・。最初から多いポリゴン数作っておいてあとで立体化する・・・

あんなの自分はムリですよ。

上級者向けの方法なんじゃないですか、アレ。(大変参考になりますが)

f:id:kmraaa:20150314202403p:plain

 

 

 

まあやり方はクリスタにのってるよ。リンクは貼らないけろね。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314202735p:plain

正面から見た図。これをあわせていく。

f:id:kmraaa:20150314202842p:plain

みずらいけどなおしたよ。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314202911p:plain

 でも横からみるとだめだめだから、これも合わせます。

f:id:kmraaa:20150314202948p:plain

 

 

 

一応、大雑把に外の輪郭を合わせた。

で、面を貼った。

f:id:kmraaa:20150314203114p:plain

f:id:kmraaa:20150314203632p:plain

 

 

 

前の宇宙人とは比較にならないくらい人間的だ。

ただ、カクカクしてるね。

 

 

 

ここからは、opensubdiv曲線によってモデリングします。

ちょいムズよ。

 

 

ここからは、面、頂点は一切増えない。

 

 

筋肉のうねりを、今ある頂点を動かすのみで再現するのだ。

 

筋肉に関する知識が多少・・・必要となる。

 

ブログ書いてる本人も、シェパードの解剖書見ながらやったもんね。

 

 

f:id:kmraaa:20150314203648p:plain

opensubdiv曲線にする。

あんまかわらん。

 

 

f:id:kmraaa:20150314203741p:plain

頭はいいや、首から。

耳あたりから首下の真ん中まで伸びている面、これは胸鎖乳突筋と考え、赤い矢印の方向にうねりをつくるんだよ。

 

 

f:id:kmraaa:20150314204138p:plain

後ろの首のラインは、山形にしておくんだ。

これを僧帽筋という。

 

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314213520p:plain

あと背中の真ん中にあるすぐとなりの辺を突出させ、真ん中に寄せよう。

これは肩甲骨。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314204138p:plain

 

手をこうやってブーンしているときはね、肩甲骨は中央によるんだよ。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314204422p:plain

首の下の中央から肩付近にかけては、鎖骨が突出しているんだ。

矢印の方向に引っ張っておく。

 

 

f:id:kmraaa:20150314204529p:plain

ちょっと上から見た図なんだが、赤い線は鎖骨の形ね。ここの付近に近しい頂点を持ってくることによって表現することができるよ。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314204636p:plain

鎖骨による窪みのすぐとなりには、三角筋があるよ。

ここらへんの頂点を上に引っ張り、体の中央に持ってくる。

 

 

f:id:kmraaa:20150314204820p:plain

続いて、上腕二頭筋

この筋肉は、三角筋のすぐ下に起こって、前腕の骨まで伸びているんだ。

三角筋を隆起させたすぐ下、腕の付け根から関節までの面を突出させよう。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314205413p:plain

前腕の筋肉は回外筋と屈筋。

まっすぐ伸びている。

腕の関節は、この体制だと幅が大きくなる。

あ、手首を細くしてくびれをつけるのをわすれないようにね。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314205601p:plain

上から見た図。

思ったより太くなってしまっているから、調整が必要。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150314205641p:plain

後ろからみた腕。

関節の中央にある頂点は肘にあたる。突出させておこう。

(追記・この状態だと肘は凹むんだわ)

肘から小指側の手首にかけての頂点は、一直線上になければならない。

骨があるからだ。

 

それでまあ、腕部はおわり。手はあとでね。

次回、胴部。