web漫画公開している「むら」です

ここネタ帳よ!!!!!!!!!!!

漫画「怪物」3Dリメイク~骸骨萌え~(*°∀°)=3

「怪物」のキャラクター・京子の骨格を作る。
もちろん萌え系の方向で。

 

 


①幼い

 

前エントリの骨格人形は、頬骨と、まゆ骨(眼窩上縁というらしいな)は、省いてある。
そもそもそういった末端の成長は大人にしか見られず、幼さには不要な要素だからだ。

②、③はあとで。

 

続いて、その骨格に基づいて、モデリングだ。

この骨格の上に、皮を被せていくというわけである。
この皮というのも、いろいろな方向に伸縮する皮があるだろう・・・(ここは筋肉と一緒に考えている)

 

 

伸縮する皮の部位と、その方向について指し示した図だ。

f:id:kmraaa:20150309055950j:plain


口、頬、眉、まぶたあたりは大きな変形に堪えるモデリングを施さなければならない。
そのためには、多くのポリゴン数が必要となってくる。

 

 

 

 


続いて、線画を描写したい部位。

f:id:kmraaa:20150309060003j:plain


鼻とまぶたの二重の部分だ。

 

 

 

 


ちなみに、厳密にいうと、二重というのは人工二重でなければまぶたが閉口したとき伸ばされて消える。

 

 

 

 

鹿島京子(20)引きこもり。
アイプチをわざわざする必要性は全くない。

 

 

 

よって天然二重ということにする(笑)

 

 

 

 

 

まずは、鼻の部分のモデリング、といこう。

 


前のエントリで説明がなかったが、鼻の骨(鼻骨というらしい・・・)もつくってある。


この、鼻骨の「上」の部分を基点として、ハナスジを辺によって描いていく。

 

 


ハナスジの頂点は、そうね、イヌネコ風にマズルを長めにしたい、と言っていたから、顎よりも前方に突出させておこう。

ちなみに顎より鼻筋を後方に移動させると、口が突き出る形となりサル顔にすることも可能なんだ。
いらん豆知識として、覚えといてくれたまへ☆

 

 

 

面をとりあえず貼ったの図。

f:id:kmraaa:20150309060128j:plain


鼻筋のした部分が、角度がついていることがおわかりかな?
ここが、トゥーンレンダリングした時に線画として出力されることになる。

f:id:kmraaa:20150309060145j:plain


ほらね。

 

鼻の面は、骨格定規にくっつけるように、引き伸ばしておく。

f:id:kmraaa:20150309060249j:plain

 

 

 

 

 

続いて、上唇のモデリング

f:id:kmraaa:20150304190000g:plain


とりあえずレイヤーは分けている。
マウスがチラチラしていてすまんね。

 

 

 

 

 


しかし、出力すると問題が。

f:id:kmraaa:20150304190057j:plain

 

右向いてます
鼻と上唇の境界線に線が引かれてしまっている。
これは、やはり鼻と上唇の境界線が角度が付きすぎてしまっているのが問題なんだ。
面を追加し、境界線をなめらかにすることによって、この問題は解決する。

 

 

 

f:id:kmraaa:20150304190120j:plain

 

直したの図。
ついでに唇もなめらかにした。
萌え系狙ってんなら、唇はぷにぷにでなくてはならんと思ってな。
口が異様にでかいのは、後でどうにでもなる。


深い考えがあるわけでもないが、とりあえず色分けした。

f:id:kmraaa:20150304190144j:plain

 

 

 続く