web漫画公開している「むら」です

ここネタ帳よ!!!!!!!!!!!

(´Д` )ママ~このマンガ面白くないよ~

comico、マンガボックスインディーズ、週刊少年ワロスにて、「兄さんと僕」を連載しております、「むら」ともうしマス(´・ω・`)

 

あらすじ:

 

快人兄さんと僕(主人公・亜辺留)は仲が悪い。

快人にいさんは天才剣道家、弟も剣道やってる。

ニイさんは超変人。

という前提で繰り広げられるショート&ミドルストーリー。

 
話の解説第三弾となります。

f:id:kmraaa:20150216195416j:plain

長いよ?

 

 

以下はネタバレ解説

負山マケオ

昔、「兄さんと僕」原型ともいえる剣道漫画を描いた。

その中に一コマだけでてくる大会での兄さんの負け役。

それが「負山マケオ」。

 

この話はその一コマしか出てこなかった負山マケオの人生についてスポットライトを当てたものである。

 

彼の人生・・・そう、それは負けっぱなしである。

瀬戸快人に挑むが負け、謙虚な姿勢を見せればモブと罵られ、彼女でさえも・・・。

しかし、モブといえども生きている。人間である。

そんな話を、書きたかったのである。

 

 

キョ~活!

comicoにないやつ。

単に、亜辺留君がキョー活(つまりカツアゲ)をしようと近づいてきた3人組をいなすだけのお話である。

こんな単純な筋書きなのに、わけわからんコメを結構いただいた。

作者がわけわからん。

 

キョ~活という題の由来は、婚活とか就活とかそんな今流行りの○活をもじっている。

誰もが恐れる恐喝を、婚活パーティの会場風にすることによって彩を加えたのである。

 

そして、そのなかでひときわ目立つ華があった・・・ということ。

 

「君たちなんか我が瀬戸家の寄付金によって快適な学校生活を送れているのだからそれでよかろう?」

 

瀬戸亜辺留(16)

学校に大量の諭吉を持ち込む高校の超人気者(疑問符)

 

「瀬戸亜辺留!君に決めた!」

 

婚活パーティに於いて、一人の相手に希望者が集中してしまうのはよくある。そのためのマッチングなのだが

 

キョ~活にはそれがない。

3人の強者に目をつけられるだなんて・・・哀れ亜辺留君

 

 

他解説