web漫画公開している「むら」です

ここネタ帳よ!!!!!!!!!!!

新約†聖書

「体中に神を愚弄する言葉が刻まれし、竜」

こんにちは、私は、マタイ(23)です。

これからお聞かせすることは、すべてキリスト様が述べ、伝えよといわれたお話です。
私は、たしかに一言一句間違えずにメモしました。
これがその全てです。

あと、先生のパソコンを、ハッキングしないでください。

 

 


・・・当時、女が夫以外の理由で身ごもると、「精霊がやどったのだ」と言われた。
そう、キリストは*精霊*によって宿った子だったのである。

夫・ヨセフは夢のお告げ(キリストは精霊によって宿ったんだよ)を信じ込み、生まれたイエスを可愛がった、とても可愛がった。
だ れ よ り も 。

しかし、ヨセフもバラバに一人隠し子がいた。その子供もイエスという名前であった・・・
この夫にしてこの妻ありであった。
乱れに乱れたナザレの都市。

天空には空飛ぶ遊郭が浮いていた
ノーパンしゃぶしゃぶ天国」

ナザレの都市は、このところ宇宙人が台頭してきつつあった。

ちょうどそのころ、デデデ大王は、イエスを殺す計略を立てるために、占星術師たちをイエスの家に派遣した。
でも、結果的に占星術師はみんな裏切ったし、知らないうちにキリストはマリアとエジプトに引越ししてしまった。

デデデは、そのことを知らないまま、アルケラオという名前の息子の残して逝去した。48歳の若さであった。

 


現在(当時)の人間の中でもっとも偉いのは、「洗礼者・ヨハネ」という人だった。
でも、新人類の国「天」では彼はもっとも小さいものとなるであろう・・・

彼はうちひしがれながら、蟲などを食料としていた。
当時、蟲は、大量発生などによって人々を大飢饉に陥れることがままあった。
駆除の、一環だった。
蟲はそれ自体は小さいから、彼は一日に多くとも500匹の蟲を食べていた。

で、そうしていると、ユダヤ全土、およびヨルダン川沿いから人々がやってきて、(4000人くらい)言った。
「私は罪を犯しました。私に割礼を施してください、一歩上の大人になります。」

しかしこれらの人々の中に、異端者「ファリサイ派」および「サドカイ派」が存在していたのだ。
ヨハネは、こう述べた。

「おまえらは、「石」以下だ。(石を手にもち、指差しながら)アブラハムさん(56)の気持ちも考えろ、ようするにしね。ここに手斧があるぞ(脅し)
のちのち、キリストがやってくるだろう(ネタばれ)、彼は火炎放射をすることができる。お前らは焼き払われ、チリひとつ残らないだろう、マジ脱穀場の殻()
そういえば毒のイチジクがね・・・」

 

 


そして、月日は流れ、キリストは高校生になった。
ひとつ挙げていうとすれば、彼はこの間、いわゆる「サタン」と会話をしたことがある。

そしてこのころ、イエスは「サタン」に感化され、目覚めつつあった。

 

 

 

いわゆる、「腐女子」に。

 

 

2年エジプト組のキリストは、腐女子の心をどうしてもつかみたかった。
そして、美少年を描く練習をしている所を、同級生に笑われていた。
ヨハネxヘロデ(逆転SMプレイ。娘をめぐっての)」

しかし、ヨハネもヘロデも実在の人物だったのだ。しかも同じクラスにいる・・・!
このところ、腐女子の間で問題となっていることがある。
「実在の人物で掛け算してしまうこと」


「実在の人物はちょっと・・・ね?」
さすがにモラルが、腐女子当事者間からも指摘されつつある所だったのだ。

ちなみに、違うクラスにもうひとり、ヘロデという人がいた。
彼は最近、自分以外の者が生徒会長になり、学校で権力を振るうことを恐れ、下の一年生を皆殺しにしたことで有名だった。
しかし実のライバルが、違うクラスにいるキリストであることを知らなかったのである。

そのころ、ファリサイ派(父x天使エリヤ派)が、こうしたキリストのやり方(実在の人物で、掛け算)に対して指摘を行いつつあった。
「腐漫画を描く時は、手を洗え。なぜお前は漫画をかくときに手を洗わないのか」

もっともな言い分であった。
原稿は、汚れる。
腐女子には、できるだけよい原稿を提供せねば、ならぬ。しかし原稿を書くのに一番肝心な「手」を洗わずじまいとは!??!


・・・残念ながら、キリストの得意技がある。
「詭弁」、だ。

新約聖書をお読みになられた方はおろうか?
たくさんのキリストによるたとえ話が展開されている。

ドヤ顔「へっけっぺっ、ファリサイ派サドカイ派は耳が聞こえてねえし、目が見えてねえんだよ。
だから、この俺が、わかる人にだけわかるたとえ話でみんなを驚かせてやろう???」

こうして「詭弁」の数々は紡がれていった。
「同人誌は地に積むな、天に積め、でないと死後赤っ恥をかいて後悔するだろう」は、そのうちのひとつだ。
しかも、彼の連れる従者達の9割が、この詭弁自体、一体なにをいっているのか理解できなかったのである。
ただ・・・話を合わせるしかなかった。

私達、腐女子は、「ヨハネxヘロデ」が見たい。
だから、多少の不祥事には目をつぶろう・・・。

「おまえの原稿は、いわば「オカズ」にされる可能性がある。即ち人の口に入って消化される可能性があるんだよ、(?)その原稿を手を洗わないで作るとは、不衛生にも程が」

「プッ・・・。まずお前の口が汚いのに、なんで食べ物の衛生管理について口出しできるの。口から入るものが汚いならいざしらず、口から出る言葉が汚いとは。」

そこで、ファリサイ派はなにもいえなくなってしまった。
なんの話をしているのか、途中でわからなくなってしまったからである。

 

 

 

 

 


ある日、給食が配られた。
しかし、その内容はというと、「パンx7」であった。

キリストの代は、14+14+14と、新約聖書の冒頭にて、述べておられる。
すなわち、42を超える登場人物がいるというのに、あろうことにパンx7とは!??!

みんなおなかがすいていた。
そのとき立ち上がったのがキリストだった。

 

 

 


登場人物x42と、さっきいったが、実はキリストの従者は4000人を越えていた。
この4000人に対してパンx7とは!?!?!(二回目)
しかも、女・子供を別とした話である。

 


キリストは、まずパンを裂いた。
そして、人々の行列に配ったのである。
そして、配り終わるとパンくずが出、それはかご7つにいっぱいになったという。
こうして人々の腹は満たされた

全部捏造の話です。

 

「人は、パンのみで生きる物ではない。神の口からでる言葉ひとつひとつによって生かされるのだ」
あ・・・またキリストの「詭弁」が始まる。
人々は静まり返りながら、キリストの話を聞くことにした。

・・・と、クラスの生徒「民の祭司長(ファリサイ派の可能性濃厚)」が近寄ってきて、キリストに問答した。

「お前はなんの権威があって、ヨハネとヘロデをくっつけているんだ。おまえはヨハネを何だと思っているんだ」

「「ヨハネバプテスマは天からのものか、人からのものか」だと・・・?(だれもいっていない)
もし、仮に(天xヨハネ)としよう?なぜヨハネを上にしないんだということになる。
そして(人xヨハネ)としよう?みんなぶちぎれるよ?だってヨハネは預言者だからね。」

・・・・・・
・・・・・・?

だれも、なにもいえなくなってしまった。
そもそもとして、なにを議論しているのかさえ、わからなかった。

ちょうどそのころ、キリストの認めた12腐女子の会のうちの一人、「イスカリオテのユダ」が、裏切りを企てた。

同人誌の転売によってカネを得る一派というのが、確かに存在しているのだ。
みながまちのぞむ超大作「ヨハネxヘロデ」をすっかり買占め、法外な値段でネットで売ろうと、ユダは考えた。

 

 

 

 

 


~夜~

キリストの顔は、暗かった。
「このなかに、裏切りものがおる・・・」in12腐女子

みんな「え?!?!?!?!!!?」

やばい、俺だったらどうしよう・・・と人々は焦りに焦った。


ユダ「まさか・・・この私があなたの同人誌を買占め、裏のルートで販売するなどということをお考えにはなっておられませんよね!??!?」

キリスト「ユダよ・・・それはあなたの口から出た言葉だ」

そして、キリストはもうひとつ、予言した。
「ペトロ、ニワトリが3回、「コケコッコー」とないたら、貴方は後悔します。」

ペトロ「エ?!!!!!!!!!!!?!?!?!!」

正直、意味が分からなかった。

 

 

 

 

その後

イエスは、(神xサタン受け)の件で、教室で仲間とめっちゃ盛り上がっていた。
そこへ、ユダが、たくさんの祭司長とか長老のじじいを引き連れてやってきた・・・。

「これから合図をする、私が躍り出て接吻する人がその人だ。絶対にひっとらえろよ」
じじい「へい・・・わかりやした、兄貴」


ユダ「先生、こんばんわ」
ちゅっ・・・

 

?!?!!?!?!??!?!?!??!?!
腐女子たちの間に激震が走ったのは、いうまでもない。

そして、棒や剣をもったじじいたちが踊り出、キリストを捕らえた。
ちなみに、12腐女子会のメンバーは、みんなキリストを見捨てて、逃げていってしまった。


「このなかに、裏切りものがおる・・・」
あれは、全員のことだった・・・と、キリストは悟った。

 

 

なんか、いろいろあった。

キリストを平手うちした人「おいキリスト!!!!お前を平手うちにしているのは誰かいってみろ!!!!!!!!」
民「全能の神キリスト(笑)ばんざい!!!!!!!!!!!!!」
エリ、エリ、レマ、サバクタニ!(神を召還するための呪文を唱えたが、神は現れなかった。)
いまのうちに、紫色の服とイバラのかんむりを作っておこうぜ!!!!!!!(当時の嫌がらせの道具の定番)
十字架におまえをハリツケにするという、画期的な処刑方法を思いついたぞ!!!!善は急げだ!!(?)まじ実行inゴルゴタ!!!!!!!!!
ユダヤの王★万歳!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!^。^トトロ観る!!!!!!!!!!!

 


12腐女子会のうちの一人・ペトロは、校庭にて、呆然としていたが、やがてじじいたちがやってきた。

じじい「お前はあのキリストの仲間だろ!!!!!」

ペトロ「そんな人は知りません、多分どこかのフリーターかなんかでしょう」

じじい2「知っているわ!この人キリストと一緒にいたもの!!!ついさっきまで神xサタン受けで盛り上がっていたじゃない!!!」

ペトロ「知るか!このアマ!雨具!」

じじい3「てゆうか、キリストの仲間って、独特の言葉を使うよね・・・?一瞬にして分かったよ」

ペトロ「私はあのような呪わしいケツのガン細胞のオーラの大砲(呪いの言葉)のことなぞしらぬ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


・・・!しかしそのとき、ニワトリがやってきて、3回鳴いたのである。
「コケコッコー」

 


・・・!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ペトロは、悟った。
そして、家に帰って、泣いて、寝た・・・。

一時間後、ペトロは起きたが、キリストが処刑されることを知って、泣いた。
そして、寝た・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

そのころ、あのイスカリオテのユダは何故か後悔していた。
そして、実は自分はキリストのことが「好き」だったという答えにやっとたどり着いたのである。
彼との思い出が、走馬灯のように蘇る。

はじめてあった日を、覚えてる?12腐女子会任命、深夜バリバリアシスタント、トレース疑惑、PCをハッキングしたら見つけた同人誌データ「バラバxメシヤ」、愛♂戦士uncontrol・・・


キリストを売って得た金は、わずか銀貨30枚(当時にして、30円)だった。
思ったより、ヨハネxヘロデは需要がなかった・・・。最悪。

ユダは、じじい達に金をかえそうとした。
「私は・・・大切な人を金で売ってしまいました・・・どうすればよいでしょう」
じじい「ここはおまえの日記帳じゃねえんだ、チラシの裏にでも書いてろ、なっ」

おもいつめたユダは、キリストのいた教室に銀貨を投げこんだあと、そこで首をつって自殺した。
じじい「これ(銀貨)はもらっておくけど、血の代金だから、この教室の収入にしてはいけない(?)」

そして、その金で、同人誌「陶器職人の畑」を買い、それを外国人の墓地に捧げた。
そのため、同人誌「陶器職人の畑」は、別名「血の畑」と言われ続けるようになるのである。
これは、実は預言者・エレミヤを通して言われていた予言であった。
以上が、ユダに関するエピソードである(謎)

 

 

さて、そうしている間にも、キリストは復活していた(早)
キリスト「おはよう」
キリストが埋まっていたところに、念のため置いておいた巨大な隕石は、移動していた。
天使・エリヤも現場にかけつけていたようだ。

ところで、ヨハネ=天使エリヤである(豆知識)

この神秘的な光景を見たマグダラのマリアは、霊によって満たされた。←気分がいいときに出てくる、聖書の慣用句

番兵たちは、そのあまりの恐ろしさに、死人のようになった。←気分が悪いときにでてくる、聖書の慣用句
まじインマヌエル、そして終末のときがやってくるinオリーブ畑
打倒・獣の神殿、42ヶ月後には最後の審判、ユダはじらしにじらした挙句に地獄に送ってやろう(復讐)